不動産屋が語りだす!今の賃貸事情

今住んでいる分譲マンションを売るときは、新聞チラシなどを確認し、賃貸の情報収集に努めましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションを売るときは?

今住んでいる分譲マンションを売ろうかどうしようかと考えたとき、住んでいるマンションの相場価格を知ることがもっとも重要な作業の一つになります。
そんなとき、手軽に利用できるのは新聞チラシ、もしくは、コンビニエンスストアや書店、スーパーなどに設置されている利用者ボックスに入れられている賃貸情報雑誌や不動産会社から配布される広告チラシなどではないでしょうか?
その広告チラシに記載されている分譲マンションの販売価格や賃貸物件の家賃相場価格から、売りたい分譲マンションの相場価格を知ることができるのです。
相場価格が把握できれば、売った方が得か、また、どなたかに貸す方が得かを判断する材料の一つとなるだけでなく、後々、後悔することのない取引へとつながっていきます。
これは、マンションの売買を考えたときの必須、最低限必要な賃貸の情報収集であり、マンション売却のコツといえるでしょう。
分譲マンションの相場は、そのマンションが建設されているエリアにより、差があります。
当たり前ですが、人気のエリアは高く、人気のないエリアは安くなります。
それから、今後、大型商業施設の建設を控えている、再開発が進んでいるエリアは、今は安くても、数年後には高くなる予定があると見なされ、相場価格を高く設定している不動産会社もありますので、チェックは欠かさないよう、マメにチェックされることをおすすめします。
今は、インターネットの時代。
賃貸の情報収集は、日々チェックするネットからの情報でも、十分過ぎる情報を知ることができます。
不動産は難しいのでは?
専門的なことは苦手だと仰る方は、信頼の置ける不動産会社を探し、相性の良い担当者を見つけましょう。
気になることがあれば、その場で問い合わせ、その問いに親切に答えてくれる担当者なら、何ら問題はありません。
信頼の置ける不動産会社が見つからない場合は、気に入った不動産会社のホームページ上から、問い合わせをクリックし、相談してみましょう。
その相談が、縁につながるかもしれません。

Copyright (C)2017不動産屋が語りだす!今の賃貸事情.All rights reserved.